新たな、より健全な生命体の実現

hurricane-patriricia-epa

北半球で史上最強のヒューマンパフォーマンス・ハリケーン。自律神経訓練

自律神経訓練とは広い意味における人体(生物学)と人生体験(略歴や伝記)との相互作用を解明する認識を指します。

そして解放、すなわち、構造の除去を起動し、コミュニケーション、愛情、自制および情緒(人間のパフォーマンス特性)のエピジェネティックな(epi genetic)再生と神経生理学的な基盤の制約/ 感化を行う手法でもあります。

人間の生理学的適応性における騒乱や擾乱として記憶される体験を解放することで、深層レベルでの構造変化および脳と身体の再構築が始まるのです。

その手法は、生命体の恒常性(パフォーマンス特性)を運動状態にできるほど極めて強大で、ダイナミクスの深層レベルの変化を支援します。1回のセッションの所要時間は約45分です。11回のセッションを重ねて行くことで、少しずつですが生命体のあらゆる機能が向上してゆきます。こうした改善は生命体の中枢で起動し、他のあらゆる生化学、生理学、体細胞、情緒および認知プロセスといった末梢へ拡散します。

手法とは精神修養、理学療法あるいは接触もしくは会話といった類いではありません。私たちは、生命体を再起動させて内側の深層から拡張してゆく正確な運動を発見してきました。3045分程度の1回のセッションが終了したら、生命体がより高いレベルの機能性へと昇華するのです。

60年以上の歳月にわたって、従来的な技法が人間の生命体を再構築してきました。結果、若さを取り戻し、屈強で平和的に、そして快活で活発な心身が蘇るのです。

https://vegetativetraining.wordpress.com/science-foundation-self-regulated-and-experience-oriented-vegetotherapy/

従来的な技法では、顧客の進捗や成果を開示していなかったことから、これについてはほとんど認知されていないのが現状です。

課題や難局(微生物学、熱学、気候、化学、物理、精神、関係性等)が進化的に保全されてきた感覚器官を活性化します。一連のプロセス終了後には、中枢神経系、自律神経系、内分泌(ホルモン)系(生命体の適応系 – 自律神経系)に信号が送信されてから生命体が反応を示すのです。

反応は刺激が加えられる状況、過去の経験(コミュニケーション、愛情、自制および情緒の神経生理学的な基盤に記憶されている騒乱や擾乱)および生命体の適応系の開発によって異なります。

すなわち、同じ遺伝子構成(同一のDNA を持つ全く同一の双子)を持つ2人の個人でも所定の刺激を経験する流れは異なると同時に、体験に条件付けられたエピジェネティックな(epigenetic)プロセスの結果として異なる反応を示すと考えられるのです..

エピジェネティックな(epigenetic)、心理 – 神経 – 内分泌 –免疫、ストレス研究およびシステム生物学での発見に係る相互関係に基づき、理論的基礎と医療科学の手法双方を早急に更新する必要性が指摘されています。そういった経験は私たちの健康と生活の全般の発達にとって絶対的に重要です。そして、医療科学は1世紀にわたってこのことを軽視してきたのです。

https://vegetativetraining.wordpress.com/the-human-biology-saturated-with-experiences/

上述の見解はスポーツ医学とスポーツ科学に大きなインパクトを及ぼしてきました。数多くの手法が非生産的なものです。詳細にご関心があれば、是非ご連絡ください。

新たな人間のパフォーマンスの世界にお越しください

晴天のインスブルック(Innsbruck)からポジティブな波動をお送りします

Mobile Europe:   +47 98 6666 53
Facebook: Inge-Jarl Clausen
Skype:  ingejarlclausen
Twitter  @ijclausen